一箱古本市のある町で、たくさんの本好きと出会って、

彼らの活動や暮らしかたや考えを知りたいと思いました。

そこには本の世界をもっと豊かにするヒントがあるかもしれない。

5つの地域の編集者とともにつくる『ヒトハコ』は、

「本と町と人」をつなぐ雑誌です。

2016年11月1日頃 発売!

ヒトハコ創刊号

本体900円+税

発行: 書肆ヒトハコ

発売: 株式会社ビレッジプレス

A5判・80ページ(カラー16ページ)

2005年、東京・谷根千の不忍ブックストリートではじまった町を舞台にしたブックイベント「一箱古本市」は、その後10年間で全国各地に広がりました。そこは、店主、主催者、助っ人、客、店舗などの立場で、地域の本好きが集まり、交流する場所になっています。

 

この雑誌は、一箱古本市やブックイベントを通じて生まれた本好きのネットワークを軸とし、本から派生するさまざまなテーマを扱っていきます。

 

「本と町と人」をつなぐ、これまでになかった雑誌です。

▶︎創刊号の内容

 

▶︎購入方法

事前予約を歓迎します!

取扱店、募集中です! 

ヒトハコ』のチラシはこちら!

チラシを店頭やブックイベントなどで配っていただける場合、こちらからダウンロード、印刷をお願いいたします。

\こちらをクリック!/

​書肆ヒトハコ

  • Black Twitter Icon

  E-mail

『ヒトハコ』公式Twtterアカウント